相手のせいで交通事故にあったなら慰謝料の請求をする

きちんと交通ルールを守っていたのに、いきなり相手の車が突っ込んできて怪我を負ったなら、直ちに病院へ行きましょう。相手の過失による人身事故ですので、治療費や慰謝料を請求することができますが、まずは交通事故で負った怪我の治療に専念することが大切です。困ったことがあるなら、病院のスタッフに相談すると、アドバイスをくれる場合があります。車による人身事故とあれば、相手が加入する保険会社から示談の話が出てくるでしょう。

この時にすんなり従ってしまうのではなく、法律のプロの手を借りるようにすると、安心して治療に専念することができます。治療にかかる費用として、医療費や、入院が必要なら食事代や差額ベッド代など、意外にも多くの出費が発生します。医療保険に加入しているなら保険会社に連絡をしたり、公的な保険制度を利用するために地元の役所で手続きを行いましょう。治療を続けていると、そのうちに交通事故による怪我の程度が分かってきます。

この状態になってくると慰謝料について、具体的に考えていくことになります。法律のプロに頼れば、この手の計算は経験豊富ですので、任せてしまいましょう。ちなみに、交通事故で負った怪我の治療で、これ以上の改善が難しい、後遺症が残ってしまうと判断された時には、事故を起こした相手に治療費を請求できなくなります。この時にようやく発生するのが慰謝料の請求です。

まだ治療段階で示談で済ませてしまうと損をする可能性がありますので、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です