父が相続について弁護士に相談していた

先日田舎に帰った時に、父が相続のことについて弁護士に相談したという話を聞かされました。以前からそろそろ自分が死んだあとの憂いがないように準備したいと父は言っていましたので驚きはしませんでしたが、弁護士に相続の相談をしたということは本気で考えているのだなとその思いの強さを実感しました。相談した内容は、遺言書の書き方と遺産分割の考え方だったようです。金融資産をたくさん持っているというわけではありませんが、それでも家や土地も含めると配偶者の特別控除を使わない場合には相続税がかかるレベルにあるようで、ある程度遺産分割について遺言書で指定をした方がいいと弁護士からはアドバイスをもらったようでした。

母にすべての財産を相続させるのが一次相続だけを考えると一番いいようですが、二次まで考えて、息子である私と弟にも遺産を渡すという遺言を書こうとしているようです。私としては、遺言書がなくても父の考える通りにもめないで実行することは可能だと思いますし、一度遺言書を書くとその後金融資産が変動したり状況が変わったら書き直しが必要になって大変ではないかなとも最初は考えました。しかし、それによって父の肩の荷が下りるのであればやりたいようにやってもらう方がいいかなと今は見守っています。私の家庭だけではなく、老後の世代を迎える人が多くなっていますので、死後の対策ということはこれから大きなビジネスチャンスになるのではないかと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です