弁護士に対して相続をしておいて

弁護士に対して、相続の相談をしておくことによって、色々とメリットがあるのです。それは、事前にトラブルの芽を摘むことができる、という点であり、意外と揉めるのです。そうならないようにしておくためには、きちんとした法曹家に相談しておいて、そして、トラブルを掣肘しておくのです。それが残す側の責務ともいうべきことであり、予め手を打っておくのはある種の義務なのです。

ちなみに弁護士というのは、相談をするだけでもお金がかかることになります。相談料という形ではあり、その後、依頼するのであれば、着手金、成功報酬なんかも支払うことになります。ですから、しっかりと依頼するかどうか、ということはよく考えたほうが良いです。言うまでもありませんが、別にそんなことをしないでもよい人も多くいます。

揉めない、という確信があるのであれば、それはよいわけです。しかし、そこそこの財産があるのであれば、それは備えておいたほうが良いですから、弁護士を探しておいたほうが良いです。相続というのは、法律行為としては大して難しいことではなく、どんな関係の人にはどのくらいの割合で譲るべきなのかが決まっています。最低限の割合が決まっていますから、それはよく覚えておくべきですし、そのあたりのことを相談してもよいです。

誰々にいくら相続させたほうがよい、というのは最終的には自分で決めるのですが、法律的なルールは教えてもらえるので、安心できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です